パーソナルトレーナーの資格を取った!

 

おめでとうございます。

ジムに就職?どこのジム?勤務形態は?アルバイト?正社員?業務委託?フリーランス?

色々な選択肢があると思いますが、まずはレンタルジムに行きましょう

 

プライベートジムとレンタルジムを運営しているMIYAZAKI GYM代表の宮崎です。

私がパーソナルトレーナーを始めたころには、トレーナーが自由に指導の出来るジムと言うのはほとんどありませんでした。

都心ですと東京体育館くらいでしたが、ここも徐々に規制が厳しくなり、現在は改装工事もあって休業中です。再開しても使えるかわかりませんし、管理する会社が変わってしまえばまた規約も変わってしまう可能性があります。

 

そこで、レンタルジムを立ち上げたのですが、多くのトレーナーさんから感謝の言葉を頂き、自分としてはもっと広めたいという気持ちです。レンタルジム単体だと管理費や広告を出したら赤字になるようなビジネスなので、あまり参入者は増えなさそうです。スペースも必要な上に初期投資もそれなりにかかります。プライベートジムが増えてからこれだけ年数経っているのに、なかなか増えないのは、単純に収益性の問題かと思います。

さて、レンタルジムを使ってパーソナルトレーナーをやった方がいいというのには、以下のような理由があります。

 

1.パーソナルトレーナーとしての給料が上がる

私の例で言えば、コナミスポーツ渋谷店で業務委託のトレーナーとして活動しながら、東京体育館でトレーナー活動をしていました。

コナミスポーツでは当時7000円で指導をしており、25%が引かれていたので、1レッスン約5000円が入ってきました。

東京体育館は600円だったので、7000円で指導して6400円でした。これなら、交通費を支払ってでも東京体育館のお客様を増やした方がいいかもしれないというのは明白です。

 

コナミなどのジムに外部から自分のお客様が入会して指導を受けに来ることはまずありません。月1万円の会費も払ってということはないですよね。

すると、既存のコナミの渋谷店会員にのみ営業をかけられる形になります。

昨今、ブログだけでなくインスタやツイッターで集客するトレーナーさんは多いと思います。

そういった方はネットを通じて日本中の方に営業をかけられるわけです。

 

総合型のジムにわざわざ入会してもらうのは難しいという場合、レンタルジムで指導ができればいいですよね。

勿論、会員様が多い総合型のジムは、ジム自体の信用なども高い上に、近所からのお客様や長年通われているお客様が多いので、1度信頼されて口コミなどで広がれば長く活動する基盤となるかもしれません。

 

 

2.1拠点のみのはデメリットが多い

総合型のジム1店舗のみを拠点にした場合のメリットは

  • 移動時間が無い事
  • ジム内での信頼を得やすい事

等があります。総合型を3つも4つも掛け持ちするトレーナーもいますが、これは1つの店舗からの信頼が得られにくいのでお勧めはしにくい形です。

それぞれのジムの会員様にアピールできるのはいいのですが、結局どっちつかずになってしまいます。

 

総合型のジム1店舗のみを拠点にした場合のデメリットは

  • 規約変更がありうる
  • 潰れることもありうる
  • ネットから集客しにくい

等があります。1つだけだと倒産までいかなくても、閉店ということは十分にあり得ます。

私が長く通っていてアルバイトもしていたNASも閉店してしまい、その後通っていたコナミも閉店してしまいました。

こうなってしまうと中で何年も活動していたトレーナーは大変です。

 

 

3.パーソナルトレーナーをやるなら複数の収入源が必要

副業や複業というのが推奨される昨今ですが、トレーナーの場合、ジムとの契約をしながら、自分でも集客するというスタイルが最も安定感があります。

フルタイムで働いて、朝や夜の時間だけ、または週3~4日はジムで勤務して残りは自分のお客様の指導にあてる。土日だけ指導を行う。

などなど、様々な形はありますが、安定し易い収益源と、不安定だけど利益率の高い自力集客を組み合わせてみましょう。

 

その際に、レンタルジムという場所は非常に使い勝手がいいはずです。

SNSから集客するにあたって、お客様は様々な場所から来られるはずです。

渋谷がいい、新宿がいい、秋葉原がいい、上野がいい、六本木がいいなど……

拠点は決めるべきですが、アクセスのいいターミナル駅に構えてみてはいかがでしょうか?ネットからの集客に対応するには最高の立地だと思います。

 

 

まとめ

パーソナルトレーナーとして活動しようと思っている方、パーソナルトレーナーとして既に活動していて、将来的に独立したいと考えている方。

是非レンタルジムを使って、自分で集客してみましょう。

 

ネット集客×レンタルジム

 

これがこれからのパーソナルトレーナーの標準になる日が来るかもしれません。

トレーナーの活動形態の一つとして、頭に入れておいてもらえれば幸いです。